AGA治療薬と妊娠・妊活についての結論〜子作り中は薬を止めるべきか〜

AGA治療薬と妊娠・妊活

AGA治療は、薬を服用して薄毛を改善する治療法です。

妊娠を望む場合、一時的に薬の服用を中止するべきかについてまとめました。

管理人
妊娠・妊活に関する質問、すごく多いです。

今回は「AGA治療と妊娠」についてまとめました。

AGA治療中に妊娠しても胎児に与える影響はない。

まず大前提として、AGA治療薬を服用中の男性とセックスをして妊娠した場合でも、胎児に与える影響はありません。

これまでに胎児に何らかの影響があったという報告は、一例足りともありません。

これは、AGA治療薬として利用される「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」全てです。

ですので、結論からいうと男性がAGA治療をしながらパートナーと妊活しても何ら問題はありません。

結論①

AGA治療中の男性は、治療を継続したまま妊活しても胎児への影響は一切ありません。

 

ただし、本気でこれから生まれてくる子どもについて考えた時に、薬を一時的に中断するという判断は否定できるものではなく「正しい知識に基づいて納得のいく自己判断」をすることが重要です。

どういうことなのか、以下でより詳しく紹介していきます。

薬の名称に注意
プロペシアやフィナロイド、フィンペシアなどは商品名であり、成分は「フィナステリド」です。ザガーロも商品名であり、成分は「デュタステリド」です。薬の商品名と成分が混同しないように注意してください。

フィナステリドとデュタステリド自体は、安全性が確立されているわけではない。

フィナステリドとデュタステリド自体は、胎児にとって安全性が確立されているわけではありません。

むしろ、胎児に薬の成分が届くと、胎児の成長に影響を与えるのでは?と懸念されています(これまで報告は1つもない)。

つまり「はっきりとは、安全かどうかわからない。」というのが正確な答えです。

人間で実験はできないですしね。。。

それを踏まえた上で、まずフィナステリドとデュタステリドはAGA(男性型脱毛症)の専門治療薬です。

ですので、本来女性が飲むことはあり得ません。

実は、妊娠中の女性がフィナステリドを服用すると男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあることが米国FDAの公表する注意事項に掲載されています。

あり得ない話ではありますが、フィナステリドやデュタステリドを女性が飲むのは完全にNGです。

もっと言えば、妊娠を望む女性はフィナステリドやデュタステリドに触れることも禁止とされています。皮膚から吸収されるからです。

言うまでもないですが、生まれてきた赤ちゃんがフィナステリドやデュタステリドに触れる・誤飲するなんてことはもっての他です。

管理人
AGAクリニックで処方されている場合はカプセル等に入っているので問題ないですが、海外から個人輸入している方は薬が「むき出し」の状態もあります。

パートナーの女性に触れさせないように注意してください。

つまり、フィナステリドとデュタステリドは、胎児にとって安全性が確立されているわけではなく、服用している男性とのセックスで妊娠しても「胎児には届かない」ので安全だということです。

誤って女性や赤ん坊が触らないように、薬の管理は徹底しましょう。

ミノキシジルを女性が服用している場合は?

フィナステリドとデュタステリドは「男性専用」の薬ですが、ミノキシジルは女性も服用することができます。

ミノキシジルは男性・女性ともに、新しい髪が生える効果のある薬です。

既に書いたように、ミノキシジルを服用している男性とセックスをして妊娠した場合でも、胎児に与える影響はありません。

では、女性が服用している場合はどうでしょうか?

こちらも、現時点で胎児に何らかの影響が出たという報告は1つもありません。

ただし、実際にお腹の中で赤ちゃんを育てる女性が「薬」を服用するというのは、あまり勧められるものではありません。

そのため、ミノキシジルの服用(飲み薬)のみならず、ミノキシジルの塗布(塗り薬)においても「妊娠中に使用してはならない」とされています。

これも、安全性がはっきりとわからないからです。

結論としては、妊活中の女性や妊娠中の女性は薄毛治療に関わる薬とは、一切距離をおいた方が懸命です。

結論②

妊活中の女性、妊娠中の女性は全ての治療薬(フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル)から完全に距離を置くのが懸命です。

妊活中にAGA治療薬を一時的に止めたい方が知るべき知識

大丈夫とわかっていても、大切な子どものことを考えると怖いものです。

万全の体制をとって、男性も妊活中はAGA治療薬を一時的に止めるという判断も有りだと思います。

管理人
実はそういう方多いんです。

僕が通っているDクリニックでは、薬について胎児に与えるリスクがないことを説明をした上で、本人が妊活中に治療薬を一時的に止めることを承認しています。

AGA治療薬は、永遠に体の中に存在するわけではないので、薬を一時的にやめれば、体内から治療薬の成分は一切なくなります。

問題となるのは「どのくらいの期間薬をやめればいいのか?」という点です。

言いかえると、どのくらいの期間服用しなければ体内から薬が完全に消えるのでしょうか。

AGA治療薬が体中から消えるのにかかる時間
  • フィナステリド・・・約1ヶ月
  • デュタステリド・・・約6ヶ月
  • ミノキシジル・・・約半月

このことから、伝えたいことは1つです。

妊活中に「AGA治療薬を一時的に止めよう」と考えているのであれば、早い段階でデュタステリドからフィナステリドに切り替えておくべしです。

将来子どもを授かることを今少しでも意識している方は、早い段階でパートナーと話し合い、まずデュタステリドではなく、フィナステリドを利用したAGA治療に切り替えることがおすすめです。

結論③

妊活中にAGA治療薬を一時的にやめるつもりなら、デュタステリドではなくフィナステリドを使った治療に切り替えておくべし。

 

最後に〜後悔しないAGA治療を〜

AGA治療をしながら(薬を服用しながら)子どもを授かった場合でも、生まれてくる子どもに与える影響はありません。

管理人
その上でなお、妊活中に薬を一時的にやめることは、個人的には賛成です。

男性にとってAGA治療はものすごく大切ですが、それ以上に、生まれてくる子どもは何倍も大切なはずです。

もし仮に、生まれてきた子どもが何らかの病気だった場合、AGA治療薬との関係性は一切なかったとしても「自分が治療薬を飲んでいたからかもしれない」という気持ちがどこかで生じるかもしれません。

なにより大切なのは生まれてくる子どもの健康です。

妊活中に髪が薄くなったとしても、元気な赤ちゃんが生まれてからまた薬を服用すれば、髪は元に戻ります。

パートナーと薬についての正しい知識を共有し、しっかり話し合った上で、2人が完全に納得の行く判断をしていただければと思います。

その際、このブログが少しでもお役に立てば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。