STEP4:フィナステリドかデュタステリドを服用する

STEP4 フィナステリオかデュタステリドを服用する

STEP3では、無料カウンセリングに行きました。

無料カウンセリングに行った結果「AGAかどうか」を医者にはっきり告げられたはずです。

あなたの抜け毛の原因が「AGA」の場合、STEP4に進んでください。

STEP4は「フィナステリドかデュタステリドを服用する」です。

フィナステリドかデュタステリドを服用する。

フィナステリドかデュタステリドを服用する

AGAだと診断された場合、AGA治療薬を飲む必要があります。

医者にAGAと診断されたのですから、AGA専門治療薬を飲むのは自然です。

原因もわからず治療薬を輸入してみたり、なんとなく治療薬を飲み始めるのとは、全く意味合いが違うと思います。

そしてSTEP1で記載したとおり、AGA専門の治療薬は「フィナステリド」と「デュタステリド」の2つです。

プロペシアやフィンペシアはフィナステリドを含有する商品名で、ザガーロはデュタステリドを含有する商品名です。

マグネシウム秀

なお、薬に頼らず髪を増やそうなどと考えない方がいいです。

AGAは進行性ですので、薬に頼らないのはまず不可能ですし、AGAなのにAGA治療薬を飲まない方が不自然です。

まずは薬でババっと毛量を増やしてから、ゆっくり薬を減らしていくのがAGA治療の形です。

言うまでもないですが「育毛剤」や「薄毛サロン」はAGAの解決策にはなりません。お金の無駄です。

参考>>育毛剤が人間には効かない理由をDクリニック大阪院長が暴露する

フィナステリドとデュタステリドの副作用は恐れない

ところで、フィナステリドやデュタステリドの副作用を過度に怖がる方っていますよね?

あれは典型的なAGA治療の失敗例です。

副作用が怖いのは、はっきり言って正しい知識がないからです。

断言します。フィナステリドやデュタステリドの副作用は全く怖くありません。

AGA治療で副作用が怖いのはミノキシジルの内服薬のみです(STEP5参照)。

まったくもってレベル感が違います。

フィナステリドを飲んで「精子が減った」とか「性欲が低下した」と言っている人は、どんな体の不調も薬のせいにするでしょう。

精子の数や性欲の強さ、勃起力などは、もっとも繊細でメンタルに影響されやすい要素です。

マグネシウム秀

こういうのを薬のせいにしだしたら、キリがありません。

僕だってお酒を飲みすぎたら勃ちませんし、相手の女性がマグロなら勃ちません。薬のせいにしたいですが、いつもの相手なら酒飲もうが何度だって勃つので結局はメンタルです。

要は、薬を飲んだら全ての変化を薬のせいにしたくなるのです。

こういう人は「これはフィナステリドです」と言われてビタミン剤を飲んでもEDになります。

もう一度念を押しますが、フィナステリドやデュタステリドの副作用は全く怖くありません。

治療薬は検査に基づいて処方されるもの

治療薬は検査に基づいて処方

ただ、いくら副作用が怖くないからと言って、個人輸入して自己流で飲むのは全くおすすめしません。

薬を自己判断で飲むって、単純に非常識です。だって薬ですよ?

薬は、適正な検査に基づいて医者に処方されるのが当たり前です。

AGAクリニックで、医者の管理下のもと薬を服用するのが絶対におすすめです。

個人輸入するな!とは言いませんが、せめてクリニックで血液検査を受け、医者の管理の元、自分にあった薬の量を知ってから輸入すべきです。

自分に合っているかわからない薬を、自分で決めた量飲むって相当怖いですし、10年単位で継続できる人なんてほとんどいません。

マグネシウム秀

どうしても個人輸入したい場合は、絶対に「少なめの量」を服用するべきです。

フィナステリドなら1日1mg以下、デュタステリドなら1日0.5mg以下にしましょう。

それ以上は絶対にやめた方がいいです。薬を自己判断で飲むこと自体、本来おかしいですから。

クリニックでAGA治療薬を処方してもらおう

クリニックでAGA治療薬を処方してもらおう

特に最初は、いや最初だけでも、AGAクリニックで検査に基づいた治療薬を処方してもらうのがおすすめです。

では、どこのクリニックに行くべきか?

おそらくあなたはもう、目星がついているはずですね。

STEP3で無料カウンセリングに複数行ったと思いますので、その中から自分が「ここだ」と感じだクリニックを選んでください。

マグネシウム秀

なお、おすすめはもちろん「Dクリニック」です。
  • 長期的な料金が最も安い
  • 効果が抜群
  • 増えた毛量を長期維持させてくれる

これらの点は他のクリニックより絶対に優れていると思います。

本当の意味で髪のある人生をあゆみたければ、Dクリニックを選ぶべきです。

特に効果の点については、自分の体験を紹介します。

こちらは実際にDクリニックで撮られた写真です。

初診時 (2010年9月18日 23歳)

初診からたった半年でここまで生えました。

半年後の写真(2011年2月26日 23歳)AGA治療半年後

増えた毛量を、今では当初よりはるかに少ない薬の量で維持しています。

直近の写真(2020年1月10日 32歳)頭部写真2020年1月10日

多くのクリニックが、髪が増えたら終わりという「1年契約」なので、髪が増えてもまた減ってしまうのがAGA治療の失敗の典型となっています。

そんな中Dクリニックは、増えた毛量をいかに少量の薬で維持するかに重点をおき、その分どんどん料金が安くなっていくので続けやすくもあります。自分の今の料金は月に1万円程度です。

マグネシウム秀

気づいたでしょうか?

Dクリニックにはハゲた人よりフサフサの人のほうが多かったでしょ?

もしまだDクリニックに無料カウンセリングに行っていない方は、ぜひ1度足を運んでみてください。

>>Dクリニックの公式HPはこちら

フィナステリドとデュタステリドどっちを服用するか

ちなみにフィナステリドとデュタステリド、どっちを飲むべきでしょうか?とよく聞かれます。

マグネシウム秀

ズバリ、Dクリニックで実施している「遺伝子検査」で明確にわかります。

どちらの薬が自分に合っているかが、数値としてはっきりわかるのです。

結局のところ、AGA治療を自己流でスタートするより、最初の段階でお医者さんの力を借りることで、成功率や効率性を大きくアップできるのです。

何事も最初が肝心です。やみくもに個人輸入でスタートするより、効率的に治療をスタートしましょう。

もちろん、自分に合う薬とその量・頻度をはっきり理解した後、途中から個人輸入に切り替えるのならまだ賛成できます。

逆に、何も知らない状態で個人輸入するのは絶対におすすめできません。

なお、遺伝子検査は15,000円程度でできますが、検査をしない方はまずはフィナステリドを飲み、万が一納得のいく効果が出なかった場合にデュタステリドに変えれば問題ありません。

 

マグネシウム秀

ここまでで「抜け毛」は減ります。

でも残念ながら、フィナステリド・デュタステリドには「新しい髪を生やす」効果はありません。

新しい髪を生やす薬は「AGA治療薬」とは別にあるのです。

では、STEP5へ進んでください。

>>STEP5(ミノキシジルを服用する)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。